市川駅近くで助間神経痛施術ならわかば鍼灸整骨院

受付時間

助間神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

急に胸がチクチクしたり深呼吸や咳、くしゃみをすると脇腹が痛むなど

「急に電気が走るような痛み」、「ジクジクとした持続的な痛み」などが挙げられ助間に痛みが生じることがあります。

助間神経痛とは?|市川駅近くのわかば鍼灸整骨院

助間神経痛は、胸椎椎間板ヘルニアや脊椎腫瘍など脊椎に原因がある場合になりやすい他、身体を動かした際や、上半身を前後に曲げたり左右に曲げたり回旋動作をした際痛みを強く感じ、さらに症状が悪化すると「息ができないほど痛い」ということも起こります。

胸の部分の神経が障害されて痛みを生じる助間神経痛は、主に過度な疲労や長時間によるパソコン作業等、肩や背中に筋肉のコリが生じ助間神経痛を起こすケースがあります。

なぜ助間神経痛は起こるのか?|市川駅近くのわかば鍼灸整骨院

原因として挙げられるのは、助骨周辺に張り巡らされた「助間神経」が何らかの原因により痛みが生じるのが原因です。

 痛みの起こる場所は背中から脇腹、腹の前面やおへそあたり、まれには足の付け根に痛みが生じます。そして、心臓・太い血管や肺などの内臓疾患との違いは、痛む場所の範囲がはっきりしており、助骨に沿って起こる比較的鋭い痛みということです。特徴的なのは下半身の右側か左側にのみ起こり、両側に起こることはありません。

症状の程度や現れ方は人それぞれ異なりますが、早期治療をすることが改善への第一歩だと考えております。

わかば鍼灸整骨院は治療を患者様の症状の原因追求を第一に考えております。 治療の最も大切な部分が初診時の問診であるため、助間神経痛の根本原因から改善してまいります。

市川駅直結のわかば鍼灸整骨院の治療方針について|市川駅近くのわかば鍼灸整骨院

市川駅直結のわかば鍼灸整骨院本院では、痛みや体の違和感などの不調の根本原因を追求し症状の解消に適切な施術を提供することを信条として日々の治療にあたっております。

助間神経痛の初期段階、 「助骨が痛い」「肋骨に痛みがある」「胸の辺りがチクチクする」などの症状が出た際は、症状改善ストレッチや体を温める事を持続していくことで少しずつ負担を軽減させます。そして、助間神経痛に対し電気療法や手技療法、運動療法を組み合わせながら対処を行うことで、徐骨神経痛の痛みを早期に取り除きます。

さらに、 助間神経痛の再発が起こってしまった場合のリスクは高くなるため、普段から正しい姿勢や生活習慣の改善を行い、家庭でのケア方法もしっかりご指導させていただくことで自然治癒力を高め、日常生活での過ごし方など助間神経痛の根本治療を目指します。

執筆者:
わかば鍼灸整骨院 院長 土谷 大樹

柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を持ち、整骨院で行う一般的な治療はもちろんのこと、整体・骨格矯正・骨盤矯正・マッサージ・鍼灸・美容鍼・リハビリにも得意としている。

お問い合わせ・ご予約

わかば鍼灸整骨院

住所
〒272-0033
千葉県市川市市川南1丁目10-1 ザタワーズウエスト2F
アクセス
JR市川駅 南口直結
ファミリーマートさん隣
保険の
ご利用
健康保険・自賠責保険・労災 等
休診日
日曜日

アクセス

受付時間

外観写真